犬のブリーダーになるにはブリーダーの仕事は非常に大切です。

ブリーダーは需要のあるペットの数を増やして市場に流通させるのが主な仕事です。

ペット業界はまだまだ活況がありますが、ペットの王様とも言える犬のブリーディングに携わる仕事をするにはどんな要素が関係するのかレクチャーします。

特別な資格は必要なし

犬のブリーダーになるには特に特別な資格を取得しないといけないわけではありません。トリマーもそうですが、誰でも思い立てばブリーダーになることができます。

年齢制限も学歴要求も全くありません。ですから犬が好きな人や、犬の魅力をもっと知ってほしいと思う人なら挑戦しがいがある職業です。ただ法的な登録をしないとブリーダーとして犬の販売ができません

具体的には「動物の愛護及び管理に関する法律」という法律がありますが、第一種動物取扱業の登録が必要です。また誰か一人は動物取扱責任者として登録されないといけません

その責任者になるには、「ペットショップや関連企業などで半年以上働いていて実務経験が認められる人」か、「専門学校などを卒業した人」か、環境省が認めた資格を有する人でないといけません。

また毎年研修会があるのでそれを受講する必要もあります。これらの基準をクリアできればブリーダーとして開業できます。

商品の元が必要

ブリーディングは繁殖が核の仕事です。といってもそこらへんにいる野良犬を集めて繁殖させるわけではありません。血統の良い雄犬と雌犬をきちんと用意して繁殖させないといけません

ですから最低2頭の犬が必要となります。できればたくさんいたほうが繁殖の可能性は高まります。犬は年に2回繁殖のための生理時期がおとづれます。

ですからこの少ないチャンスを活かすためには数が多い方が有利です。またよい血統の犬を仕入れるルートももちろん大事です。

通信講座でブリーダー知識をアップ!

犬や猫のブリーダーとして働くためには、繁殖方法に関する知識や開業に必要な経営的な知識、繁殖の注意点など様々な知識を覚える必要があります。それらの知識を体系的に覚えるためには通信講座が役立ちます。

例えば諒設計アーキテクトラーニングの「犬・猫ペットブリーダーW資格取得講座」が便利です。この講座はペットブリーダーに必要な知識を徹底的に学べる講座で、関連する資格を同時に2つ取得可能な講座です。

自宅で好きなペースで学習できるので忙しい人にもオススメです。詳しい情報は公式サイト(https://www.designlearn.co.jp/breeder/)で参照可能です。

まとめ

犬のブリーダーはペット業界において大切な役割を担っています。だれでもなることはできますが、専門的な知識はかなり必要なので学習の積み重ねが大事です。

紹介した講座などを活用しながらブリーダーとして実力を伸ばしてみましょう。

公式サイトをチェック