取得しておくと良い資格

まず取得しておくと便利な資格を2つ紹介したいと思います。それは日本生活環境支援協会主催の「犬・猫ペットブリーダー」という資格と、日本インストラクター協会主催の「ペット繁殖インストラクター」という資格です。

これらは在宅受験でも取得でき、費用も税込10,000円と比較的チャレンジしやすい資格です。これらの資格はブリーダーのメイン業務、つまり犬や猫の繁殖や改良についての知識を有していることや、開業するために必要な実践的知識を有していることを証明してくれます。

自分でブリーダー開業をしたい人や、まずは他のブリーダーのもとで研修したい人、会社勤めという形でブリーディングに携わりたい人などブリーダーとして働く方法は様々ですが、即戦力を証明できるので取得したい資格です。

資格取得のために使えるサービス

ブリーダー業を学ぶ方法として専門学校に通うのも良い手ですが、時間的な余裕がない人もいるでしょう。そういう時は通信講座が気軽に始められて便利です。通信講座なら自宅で好きなペースに学習ができます

一人で学習するのは不安という人もいるかもしれませんが、個別サポートがついている講座もあるので安心です。例えば諒設計アーキテクトラーニングの「犬・猫ペットブリーダーW資格取得講座」は専門スタッフが分からないことを教えてくれるので初心者でも無理なく学べます。

また学習期間も2カ月から6カ月、学習時間は1日30分からと短めなので、忙しくても受講しやすいです。

諒設計の講座費用

この通信講座には2つのタイプがあります。試験ありの通常講座と試験なしのスペシャル講座です。どちらを取っても効率的な学習ができますが、もし確実に資格をゲットしたいのであればスペシャル講座の方が安心です。

受講費用は通常講座が59,800円で、スペシャル講座が79,800円です。分割払いも可能です。

まとめ

ブリーダー関連資格を持っておくと即戦力を証明できるので便利ですが、取得のためのサービスとして通信講座を受講するとスムーズなので受講をオススメします。

使える通信講座の一例として諒設計アーキテクトラーニングの「犬・猫ペットブリーダーW資格取得講座」をご紹介しましたが、まずは資料請求をして講座内容を確認してみましょう。

公式サイトをチェック