ブリーダー資格取得にかかる費用相場とコスパブリーダーになるために特定の国家資格などは必要ありません。

基本的に動物取扱業者としての登録を保健所で行えばそれでOKです。

しかし、トップブリーダーとしていずれ人気になるためには、やはり資格や知識を身につけることが有利となるでしょう。

資格取得にかかる費用相場について調べてみました。

ブリーダーの資格は様々

ブリーダーにはいろいろな民間団体の資格が存在します。団体によって資格をどうやって認定するかは統一されてはいません。専門学校に通って授業を受けて最終的に資格取得するものもありますし、通信講座で取得できる資格講座もあります。

通学することのメリットは、現場仕事が観察できることや、他の生徒もいるでしょうから情報交換もできることです。ただ専門学校に通うとなると費用が少し心配です。

だいたい1年間に100万円近くかかってしまう可能性があります。もっと高い所もあります。そうなると仮に2年通ったとしたらかなりの金額になってしまいます。専門学校に行くことのメリットもありますが、現実的に通うのが難しい場合は少なくないでしょう。

通信講座で学ぶブリーディング

専門学校が難しい場合はブリーディングを通信講座で学ぶ方法もあります。通信講座の場合はだいたい10万円前後で受講できるものがあります。通信講座は学校と違って仲間がいない他、リアルタイムでの講師とのやり取りがないなど限界もありますが、費用が安い事と自宅学習で気軽だというメリットがあります。

5,6カ月から12か月ほどで受講できるコースがいろいろあります。講座を受けた後に資格取得となりますが、資格認定費用に関しては6,000円~12,000円くらいを見ておくと良いでしょう。

おすすめの学習方法は?

資金や時間に余裕がある場合は専門学校もいいですが、やはりコスパの良い通信講座は人気でしょうから、おすすめの通信資格講座を一つご紹介します。諒設計アーキテクトラーニングの「犬・猫ペットブリーダーW資格取得講座」です。この講座は受講期間が2カ月から6カ月ほどで、専門スタッフによる質疑応答の無制限サポートもついています。

さらに試験を受けるか卒業課題を提出するかによって(受講する講座の種類による)、ブリーダー関連の2つの資格を同時に取得することもできます(日本生活環境支援協会の「犬・猫ペットブリーダー」と日本インストラクター協会主催の「ペット繁殖インストラクター」)。

スペシャル講座の場合は2つも取得できて費用は79,800円ですので、コスパは良いです。

まとめ

ブリーダーの資格は必須ではないものの、肩書となることや資格取得を目標とした学習から知識が習得できることを考えれば目標にしたいものです。学習は専門学校や通信講座を使えます。

学習後に資格取得をすることを考えると学校では100万円以上、通信講座なら10万円以上はすると思っておくと良いでしょう。ただ諒設計のように安く抑えられた資格講座もあるので、費用が気になる人はこちらを利用してと良いです。