ブリーダー資格を生かせる現場ブリーダーの資格を取っていると、ブリーディングに関する知識が一定以上あることが証明されます。

ブリーディングは専門的な知識が必要な業務です。無計画な繁殖は倫理的な問題を引き起こすこともあります。

ですから資格を取得して深いノウハウを高めるのは良い事です。ブリーダー資格を活かせる現場についてまとめてみました。

ブリーダー資格でまずは勤めてみる

いきなりブリーダーを開業するのは普通は難しいですし勇気がいるはずです。ですから最初は実践の場を踏むためにブリーディングをしている企業や有名ブリーダーのアシスタントになることから始められます

その時に未経験者であるよりは、ブリーディングに関してある程度の知識を有している資格保持者の方が有利になるでしょう。

会社勤めでも孤児経営者のアシスタントでも、生のブリーディング現場に居合わせることで経験を積み、いずれ独立開業するための具体的な経験値を持てます

自宅やカルチャースクールで副業活動

資格を取得しているのであれば、その人は犬や猫の繁殖や病気、飼育方法、健康管理などに関して優れた知識を持っているとみなされます

その肩書を利用してブリーディングに関して講師活動をするというのもアリです。ブリーディングを個人でやっている人も少なくないですが、自宅の一部を少し使ってペットの殖やし方や健全な飼育法について教えればそれなりの需要が期待できます

資格を活かして独立開業

特定の企業や有名ブリーダーのもとで経験値を積んだなら、最終的に独立開業をするのも資格を活かす道となります。開業するには動物取扱業者の登録と、動物取扱責任者を選定する必要があります

責任者になるには、病院やペットショップで半年以上の勤務経験があるか、動物の学校で1年以上学習したか、専門学校の関連講座を受けたかという3つの条件のうち一つを満たす必要があります。

それに加えてもちろん多大なブリーディング知識が求められます。開業は最初は大変かもしれませんが、自分の手で良質な血統種を守れるというのは大きな喜びになります。

開業や取引に関するノウハウについては諒設計アーキテクトラーニングの「犬・猫ペットブリーダーW資格取得講座」が詳しいです。これは通信講座ですが、ブリーディングについての学習はもちろん開業も意識した学習も合わせてできるので便利です。

まとめ

ブリーダーの資格を取得すると色々な現場で活躍する目標を立てられます。会社勤めでもトップブリーダーの助手でもいいですし、副業としてブリーディングについてレクチャーすることもできます。

また独立開業をすることも可能です。諒設計アーキテクトラーニングの通信講座のように開業にも役立つ知識を同時に学べるコースは便利です。さらに詳しい情報を知りたい人は、公式サイト(https://www.designlearn.co.jp/breeder/)が参考になります。

公式サイトをチェック