問題になっている個体処分とはブリーダーの仕事はペット業界の屋台骨を支える職業と言えます。

生まれてくる血統の良いペットがいなくなれば、ペットショップもトリミングサロンも打撃を受けます。

ですからブリーダーはある意味花形の職種です。

でもブリーダーの仕事で問題になっている事もあります

気になる問題点について調べてみました。

個体処分の問題

悲しい事に日本に存在する犬や猫のうち、約5万数千頭が毎年殺処分されているという実態があります。信じられないかもしれませんが、かわいい犬や猫が、行き場がないという理由で人の手でこれだけ殺されているのです。

少しずつ減少しているとはいえ、それでもかなりの数にのぼります。このような事態が生じてしまう背景にはいろいろな要素があります。例えば無責任な飼い主がどうしようもないほど小さな理由で飼育放棄をして保健所へ持ち込むことがあります。

暴れて家族に危険が及ぶといった理由ならまだしも、「もう飽きたので」とか「しつけができない」といった些細な理由もあります。身勝手な飼い主によって、本来なら他の場所で幸せになれたかもしれない動物が命を失うのは残念なことです。

悪質ブリーダーも殺処分に加担している

ブリーダーは世の中にたくさんいますが、その全てが良心的なブリーダーで、ペットを大事に扱っているわけではありません。中には無理をして子どもを生ませるような悪質な業者もいます。

また子犬を母犬のそばで十分に居させてやらず、すぐに引き離して健康を害させてしまうようなブリーダーもいます。

商品になるからといって、生命をむやみに誕生させて苦痛を合わせるようなブリーディングは言語道断です。ブリーダーは単純にスキルやノウハウだけでなく、倫理的な観点も関係します。

殺処分の方法

殺処分の方法は残念ながら安楽死と呼べるものではありません。多くの自治体で実践されているのは二酸化炭素による窒息という方法です。濃度の二酸化炭素を処分室に注入してこん睡させ窒息させます。

その後死体は焼却処分されます。中にはまだ息が絶えていないのにそのまま焼却室に落とされて絶命する個体もいます。そうした扱いが何万件もあるというのは悲惨です。こうした施設で働く職員の精神的なダメージも測り知れません。

まとめ

悲しい事ですが、日本ではかなりの数の動物が殺処分されています。そのような惨状は飼い主の無責任さの他に、悪質ブリーダーの強引な手法も関係しています。

殺処分ゼロを目指す動きもありますが、まだまだ問題は長続きするでしょう。少しでも問題を解決するためにブリーダーとしての倫理観が問われています