ブリーダーになって稼げる金額相場「ブリーダーは稼げるの?」という疑問を持っている人はたくさんいると思います。

昨今のペットブームがあるので、この業界の土台とも言えるブリーディングに関わってみたい、ブリーダーになって稼いでみたいと思うわけです。

ここで、ブリーダーはどれくらい稼げるのか調べてみました。

ブリーダーとして勤務する場合

ブリーダーとして働く場合は、いくつかの仕事パターンがあります。どこかの会社に勤めてブリーディング業務に携わるという場合もあれば、個人でブリーダー業を行う場合もあります。また有名なブリーダーのもとでアシスタント的なことをして稼げということもあるでしょう。

会社勤めをする場合の稼ぎですが、だいたい200万円から500万円くらいが相場と考えられます。20代なら200万円ちょっと、30代なら400万円くらいはいけると思われます。これは勤める会社や地域の問題もあるのでもちろん変動します

個人としてブリーダー経営をする場合

自分で独立するとなると稼ぎ方はだいぶ変わってきます。土地代や飼育費用、光熱費などにもよりますが、ある程度の繁殖作業などをしないとあまり稼ぎは多くなくなります

だいたい平均年収は300万円くらいと言われる事が多いです。トップブリーダーであればその2倍3倍と稼ぐ人もいるでしょう。ただ素人に毛が少し生えたくらいだとそれほどは望めません。

例えば繁殖犬として犬のメスが4匹とオスが2匹いるとします。1年間に2回の出産、1回の出産で生まれてくる子どもは4匹ずつと仮定します。そうすると合計で子どもは16匹になります。

それらの犬を20万円で売れるとすると320万円の売り上げになります。しかしコストがここからひかれるので稼ぎは低くなります。

稼ぎをベースに無理な繁殖をしない

ブリーダーの中には悪質な業者もいて、とにかく繁殖犬を酷使してたくさん産ませ、使えなくなったらゴミのように扱うという実態があります。

ブリーダーは年中無休の職業で稼ぎも安定しているとは限りません。しかしそれで動物たちを酷使して大量生産すれば動物たちが苦しみます。決して稼ぎだけを目的にしてブリーディングをすべきではありません。

まじめに研究熱心にやれば良い質の動物を流通させることはできます。そうやって信頼感を高めることによって、困らない程度に稼ぐことは現実的でしょう。もちろん少しずつスキルを高めて買い手を探す工夫をすることによって、「稼げるブリーダー」になることもできると言えます。

まとめ

ブリーダーに興味を持っている人で、動物が好きだと言う理由でそれを仕事にしている人は多いと思います。一方稼げそうという理由でブリーダーに興味を示す人も少なくないでしょう。

ブリーダーはだれでも稼げる仕事ではありません。無理な作業をして生き物が苦しむようになるのはしのびないですから、収支計画をきちんと立てたうえで挑戦しないといけません。