ブリーダーとして成功する方法ブリーダーと聞くと、ペットのスペシャリストというイメージがわく人は多いはずです。

確かにブリーダーはペットを世の中に流通させる土台部分の仕事をするので、ペット業界の中で非常に重要なポジションにいます。

ではブリーダーとして成功する方法について、犬の例で見てみましょう。

ブリーダーのとしての成功ポイント1:良質な血統の動物を手に入れること

ブリーダーとは血統動物の繁殖や品種改良を行う人たちですが、当然良質なペットを送り出すには、親となる犬の血筋が良くないといけません

犬には数多くの種類があって、チワワのような小型犬もいればゴールデンレトリバーのような大型犬もいます。そしてそれぞれの種に特徴があるのですが、同じチワワでも大きな個体もいれば小さな個体もいます。

また見た目もそれぞれ違います。ブリーダーとして成功するには、好ましい外見的特徴を持っていたり、遺伝的に問題を抱えていない個体を両親として選びださないといけません。ただ血統の良い個体を見つけて入手することが第一歩となります。

そのためにネットワークを増やしておくことは良い事です。信頼できる他のブリーダーとの人脈を持っておくなど工夫しましょう。また出産や病気などの問題に関して素早く対応できるように、信頼できる獣医師との接点も持っておくのは大切です。

母体や子犬の命を守ることは経営的な側面だけでなく、倫理的にも大切です。

ブリーダーのとしての成功ポイント2: 知識の深さが必要

ブリーダーは多くの知識が求められます。生き物を扱うわけですから、機械のように完全なマニュアルなどありません。ですから出来るだけ特性や注意点について知識を深めて柔軟な対応ができるようにしましょう。遺伝的な要素など少し難しい話も覚える必要があります。何も知らないでいい加減なかけあわせをすれば、異常のある子どもが産まれてきてしまいます。ですからブリーダーになる前もなった後も正確な知識は欠かせません。

通信講座でブリーディングの勉強をしよう

ブリーダーとしてノウハウやスキルを高めるのに役立つ方法があります。それは通信講座を活用する事です。便利な講座の一つに諒設計アーキテクトラーニングの「犬・猫ペットブリーダーW資格取得講座」があります。

この講座はペットブリーダーに必要な知識を徹底的に学べる他、日本生活環境支援協会主催の「犬・猫ペットブリーダー」資格と、日本インストラクター協会主催の「ペット繁殖インストラクター」資格も同時に取得できる講座になっています。

たくさん知識を覚えたい人や、資格を活かして活動したい人には便利なカリキュラムです。初心者にも対応していますし、専門スタッフのサポートもあるので、活用すると助かるでしょう。

詳しい事は公式サイト(https://www.designlearn.co.jp/breeder/)をチェックしましょう。

まとめ

ブリーダーとして成功するには、元となる繁殖犬の確保が必要です。そのためには広い人脈を持つことが望まれます。

また母体を守るために動物医療機関との連携も重要です。また豊富な知識も欠かせません。通信講座などを利用して継続的な学習をするのが成功の秘訣です。

公式サイトをチェック